創作造形(C)ボークス・造形村

霞二回目の挑戦
今回は夕霧さんも参戦する事となり
私が参加して2倍になった当選確率が更に3倍になって(違うってw)「こりゃあ行けるかも!」と根拠のない自信を抱いてしまう(笑

当日の様子は畳みます
    
     
前回の反省を踏まえていつもより早く家を出発
道も空いてて快調!快調!!
結果里に8時前に着いてしまった…Orz

早過ぎるだろ!!当然門も閉まってるし誰もいねえ(爆

仕方がないのでガ○トで朝食をとって時間を潰す
自分の事でも無いのに変に緊張してるのか落ち着かない
無理やりコーヒーで流し込んで朝食を終え里に戻ると既に霞抽選の列が出来ていた

ちょうど夕霧さんが着いたところで、同じく朝一の新幹線で着いた今日の主役の彼と談笑中
挨拶を交わして談笑に加わる
「今日こそはお迎え出来ますよ」と夕霧さんが言ったので
「えぇ~そんな甘いモノじゃないよ」って思ったけど
それ位自信を持たないとダメだろうなと気持ちを改める

やがて10時になって「今回も霞は5体」との説明が有り抽選開始
その自信が的中したのか、抽選が半ば過ぎた時点で主役の彼は先頭から4番目に並んでいた
「コレ行けるんとちゃううん!?」色めき立つ我々
しかし当の御本人は無表情??…実は前回ひょっとしたらと言う期待を目の前で裏切られたので今回は出来るだけ期待しない様に気持ちを必死に抑えていたらしい…そりゃぁ無理もない話である

ハラハラしながら見守っていると突然後ろから悲鳴が起こる
ビックリして振り返るとクジを握りしめた女性が泣き崩れていた
どうやら1番を引いた喜びで号泣してしまったらしい
ここまで感情を露わに出来るなんて凄いなと思い(それを)素直に祝福したい気持ちとは裏腹に「これ以上(彼の)前に並ばれたらヤバイ!これ以上一桁番出ないでくれ!」って気持ちが交差する

その祈りが通じたのかここで抽選が終了
結果、彼は5番目を確保
この時点で霞お迎えが確定した…

いざ決まると結構呆気ないのだが、ここに至るまでの事を考えると中々感慨深いものが有ったり…
また、結局は自分には関係無い話なのに責任が果たせたというか肩の荷が下りたというか変な自己満足感に浸ってその光景を眺めてました


さてここからは霞お迎えの話
地下ショップ内に有るコーディネートモデルが並ぶ控えの間の一角に霞が並んでいるのだが、霞達の手前にはロープが張ってあって一般見学者は(ロープの)外側から眺める事となる
前回は二人して外側から霞を眺め「あの内側に行きたい(お迎えしたい)」と言う彼の切望を聞いていただけに
今その望みが叶って霞をお迎えしている姿を見ていると再び感慨深くなってしまった

これで霞をお迎えして「この子が私の霞です!」「おおっ~~!!」なんて皆でお披露目会が出来ると思ってたら間違いでここからが長かった…

なんだか知らないが霞をお迎えするオーナーの為の講習会?なるものが行われて、それに1時間以上掛かるのだ(汗
どんな話だったのか後で聞くとピュアスキンビスクとは何ぞやと言う事から始まってその取扱いやら里帰りサービスが普通のSD達とは全く異なるとか延々に聞かされたとか

何?その物々しい手続き…
更に霞は夕方まで展示されると説明があったので
逆に里の閉館ギリギリにそれぞれのオーナーがお迎えするんだと思ってたら何とこの後本社か造形村かに送り返されてそこで検品?されオーナー様の元には2週間後に届けられるとの事…
「ええぇ~~!そんなん聞いてねぇよ!」

てっきり今日お迎えすると思ってたので
夕霧さんと「間近で見せて貰える」「あわよくば触らせて貰えるかも」と秘かに楽しみにしてたのでガッカリだった
まぁ御本人が(連れて帰れなくて)一番ショックだったろうから仕方がないなと諦める事に

こうして彼の霞チャレンジはお迎えと言う最高の形で終了した

この2週間後に無事霞は届いたらしいけど、それは既に私とは違う世界の話なのでここでは語ることは出来ません
とりあえずこんな事でもない限り霞なんて全く縁の無い子だったから貴重な体験が出来て良かったと思います


さてさて、この1週間後ワタクシは再び里に行ってました
そうです!ドルパアフターです!これが4週連続里通いのラスト!

明日に続きます
スポンサーサイト
2014.09.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://itaru527.blog89.fc2.com/tb.php/228-1c1dc67d