創作造形(C)ボークス・造形村

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日の続きですヽ(^-^)ノ

流されてしまった上津屋橋を後にして次の目的地随心院へと向かう事に…
場所は山科なので八幡からだと宇治を経由するルートをとった
宇治といえば平等院鳳凰堂が有名だがそんな超メジャーな所には目もくれない我が家族(爆
あくまでも時代劇ロケ地メインですヽ(´∇`)ノ

山科は京都市外から東にちょっと離れている場所
市街地から離れている事もあって随心院はとても静かな場所であった
拝観して初めて知ったのだが小野小町ゆかりの寺院だそうな
(アクセス:京都地下鉄東西線小野駅から徒歩約5分程)
IMG_4672.jpg
正面より随心院薬医門
ここは大名屋敷に使われることが多い定番の場所
剣客商売では田沼意次上屋敷として使用されていた
剣客商売が大好きな両親は二人して再びテンションアップf^_^;
IMG_4678.jpg
薬医門をくぐると大玄関に至る、ここは大玄関式台
ここも田沼屋敷玄関として使われていた
(一般は薬医門をくぐれません。我々も横の通用門から入り撮影しました)
IMG_4679.jpg
式台から薬医門を見る

以前から気になっていた随心院(特に両親が…笑)に来れて大満足
但し、本来の目的はあくまでもロケ地巡礼ヽ(゚∇゚)ノ

院内の残りのロケ場所は畳んだ先に(^^)
     
     
実は随心院最大のロケ場所はこの崩れかけた土塀である!

車を駐車場に停めたら入口(薬医門)に行かずに真っ先に裏手に回ったくらい皆楽しみにしていたヽ(*´∇`*)ノ
実際これを見に随心院へ来たと言っても過言ではない(笑
IMG_4668.jpg
この土塀も時代劇ロケの定番場所
シーンとしては、町外れの寂れた場所として良く使われている
待ち伏せしたりされたり、下手人を追っかけたり追っかけられたりと
そんな人気の無い場所として実に良い雰囲気を醸し出しているね

しかしこの崩れた土塀はこの一角だけ
他は全て綺麗に修復保全されているので
多分寺院側が撮影の為に崩れたまま残してくれているんだろうと思われる
(かなり前の時代劇で確認したら、この崩れ方のまま変化していない事が判明!…と言う事はこの状態で保全しているって事?)


崩れた土塀を堪能してから冒頭の薬医門に向かったのだがその途中の
IMG_4697.jpg
この辺りもちょくちょく撮影に使われているのに気が付いた
う~ん随心院って凄いな(違っ

寺院の周りをアチコチうろついて(笑)ようやく拝観する一家(爆
IMG_4683.jpg
本堂も田沼上屋敷として使われていた
IMG_4687.jpg
本堂前廊から池を望む


こうして山科随心院を堪能した一家は南禅寺へ…
続きますm(_ _)m
スポンサーサイト
2012.12.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://itaru527.blog89.fc2.com/tb.php/158-5eb7a25e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。